ドロレス・ケーン

2020.07.15 Wednesday 21:25
0

    「アイルランドに行きたい」という気持ちが急速に盛り上がったのは、1996年3月にドロレス・ケーンの歌を聴いた時からでした。この時から居ても立っても居られなくなり、5月にはアイルランドへ旅立っていました。はじめての一人旅で、家族もずいぶん心配したようです。この旅でアイルランドにすっかり魅せられた私は、以後「アイルランド贔屓」を貫いています。 アイルランドの大地に根を張ったドロレスの歌声には、今も惹かれ続けています。は、チーフテンズのアルバムにゲスト参加、は、ディ・ダナンのボーカリストとして参加しています。

     Dolores Keane/There was a maid』(78年)

    ◆Dolores Keane & John Faulkner/Broken hearted I’ll wander』(79年)

    『Dolores Keane & John Faulkner/Farewell To Eirinn』(80年)

    ぁDolores Keane & John Faulkner/Sail Og Rua』(84年)

    ァDolores Keane/Dolores Keane』(88年)

    ΑDolores Keane/Lion in a cage』(89年)

    АDolores Keane/Solid Ground』(93年)

    ─Rita Eriksen & Dolores Keane/Tideland』(96年) 『Dolores Keane/Night Owl』(97年)

    『The Chieftains/Bonaparte’s Retreat』(76年)

    『De Dannan/Ballroom』(87年)

    JUGEMテーマ:No Music, No Life

    category:レコード | by:j-k-nolen-lpccomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM