アンディ・アーヴァイン&ドーナル・ラニー

2017.04.03 Monday 23:13
0

     昨日、代官山の「晴れたら空に豆まいて」で開催された「アンディ・アーヴァイン&ドーナル・ラニー」の来日公演に行ってきました。
     古い民家風のライブ・ハウスで、靴を脱いで床に腰掛けて演奏を聴きました。オープニング・アクトのジョン・ジョン・フェスティヴァルは、フィドル、ギター、バウロンの3人組、ゴキゲンなトラッド・チューンを披露してくれました。まさに踊るトラッド・バンド、じっくり聴きたいと思わせるバンドです。
     開場が盛り上がったところで、御大二人の登場です。アンディがブズーキをドーナルがギターもって、演奏スタート。ドーナルは何度も来日する度に公演に足を運びましたが、まさか生のアンディに会えるとは、感激もひとしおです。たどたどしい日本語で歌の内容を紹介しながら、二人ともギターとブズーキを何度も持ち変えながら、演奏しました。アンディは、ヴォーカリストとしても魅力を持っていますが、ドーナルの歌ははじめて聴きました。
     エンディングでは、ジョン・ジョンの三人も加わり、盛り上がりました。そして、アンコールは、ウッディ・ガスリーの「ファシストに対する怒りの歌(曲名わかりません)」でした。約三時間近く、二人とも最後まで、パワーは落ちませんでした。
     終演後のサイン会、当日購入したCDと持参したCDに二人のサイン(と握手を)いただきました。

    JUGEMテーマ:No Music, No Life

      

    category:イヴェント | by:j-k-nolen-lpccomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM